【トラブル勃発】タオ島からミャンマーへビザラン!







タイに入国してから早くも4ヶ月が過ぎようとしており、3度目のビザランに行ってきました!

タオ島ローカル御用達のエージェント・Island Travelを頼って、ビザランツアーを申し込みましたが、ミャンマーのボーダーでトラブルが発生…。

その過程を詳しくご紹介していきたいと思います。


タオ島からミャンマーへのビザランは2種類

タオ島からミャンマーへのビザランツアーは2種類。

ミャンマー ビザラン

  1. Andaman Club(アンダマンクラブ)
  2. Victoria’s point(ビクトリアズポイント)

アンダマンクラブへのビザランの方が、多少高いものの、

  • 手続きがスムーズ
  • リゾートに行ける
  • カジノで遊べる
  • 免税店がある

という理由で、人気があります。

ミャンマー ビザラン

それに対して、ビクトリアズポイントへのビザランは、

  • 時間がかかる
  • タイへの滞在目的などについて、しっかり聞かれる

などといった理由があり、タオ島ローカルの間ではあまり人気がありません。

筆者が9月にミャンマーへビザランした際は周囲から好評だったアンダマンクラブを選択。

一度体験していて安心感もあったため、11月のビザランでもアンダマンクラブを選択したのですが、思いもよらぬトラブルに遭遇してしまうことに…。

 

ミャンマーのアンダマンクラブへビザランしたが

タイに滞在している日本人は、通常30日間の間に一度ビザの更新をしなくてはなりません。

10月のビザランではサムイ島のイミグレーションまで出向き、新たに30日間の入国許可を得た筆者。

今回はタイ国外まで出向く必要があり、ミャンマーへのビザランツアーを選択。

ミャンマー ビザラン

アンダマンクラブ手前のミャンマーボーダーまでたどり着いたのはよかったものの、トラブルが発生…。

9月のビザラン同様、アンダマンクラブ行きの送迎バスに乗り込み、リゾートを満喫しようと思っていたものの、韓国人の女の子と筆者は係員に「 Are you Japanese?You can’t get stamp in here」と呼び止められてしまったのです。

話を聞くとどうやら、

20日前(ビザラン当時2018年11月17日)にルール変更があり、日本人・韓国人・中国人などのアジア人はアンダマンで、ミャンマー入出国のスタンプがもらえない

とのこと。

ミャンマー ビザラン

係員と韓国人の女の子と一緒に、再び船に乗り込みアンダマンクラブのスタッフがVictoria Pointと呼ぶポイントへ向けて出発。

アンダマンクラブから約5分ほどでVictoria Pointに到着し、イミグレーションオフィスへ直行。

どうなることかと思いましたが無事に、ミャンマーへの入国スタンプと出国スタンプをゲットすることができました。

 

スポンサードサーチ

トラブルに見舞われたビザラン

このままミャンマーの入出国スタンプがもらえなかったらどうしよう…と焦りに焦った今回のビザラン。

しかしトラブルに見舞われたことで、帰りのボートを待っている間にミャンマー観光をすることができました。

まず驚いたのは物価の安さ!

(2018年11月17日現在で、10円=141チャット。)

ミャンマー ビザラン

右上のヌードルはなんと日本円にして約105円!

ミャンマー ビザラン

もっと驚きなのが、フライドチキンとポテトのセットが日本円にして約350円です。

物価が安いというだけで、一気にミャンマーでノマドしたくなってきました。(笑)

ミャンマー ビザラン

こちらは個人商店。

このあたりはタイと対して雰囲気が変わりません。

ミャンマー ビザラン

寺院かと思いきや、飲食店が軒を連ねていました。

ミャンマー ビザラン

バイクやトゥクトゥクがたくさん走っている点も、タイと全く同じです。

Victoria’s point周辺では、片言の日本語で話しかけてくるミャンマー人が多く、驚きました。

 

タオ島からアンダマンクラブへの通常ビザランスケジュール

タオ島からアンダマンクラブへの通常ビザランスケジュールは下記の通り。

タオ島出発日: 火曜日・木曜日・土曜日

10:15 チュンポン行きのロンプラヤボートに乗船

11:45 チュンポンに到着後、ミニバンドライバーと待ち合わせ

12:20 チュンポンのロンプラヤ港からアンダマンクラブへ向け出発

15:00 タイの出国口アンダマン港に到着後、船でアンダマンクラブへ移動。

10分ほどでアンダマンに到着。パスポートを預けアンダマンクラブ(リゾート)で休憩

16:30 アンダマンクラブからタイのイミグレーションに戻り、チュンポンへ向け出発

19:00 チュンポンのSalsa Hostelに到着

22:00 Salsa Hostelからチュンポン港へ出発

23:00 チュンポン港からタオ島に出発

06:00 タオ島に到着

 

スポンサードサーチ

Island Travelに問い合わせるも変更情報を知らず

アンダマンクラブのミャンマーボーダーで、スタンプをゲットできないと言われた時点で、韓国人の女の子がトラベルエージェントのIsland Travelに電話していました。

イギリス人などの欧米人はアンダマンクラブでミャンマーの入出国スタンプをゲットできるのにも関わらず、韓国人・日本人はアンダマンクラブでミャンマーの入出国スタンプをゲットできない

ということを伝えたものの、Island Travelはこの情報について全く知らないようでした。

今後も急にルールが変更になる可能性が考えられます。

ビザランツアーを申し込む前は、直前にビザランした人から情報を得るのが一番でしょう。

 

まとめ

タイのビザの期限が残り1日となっていたため、アンダマンでミャンマーの入出国スタンプをゲットできないと聞いたときは、慌ててしまった今回のビザラン。

しかし、最終的にはミャンマーに入国し少しの間観光を楽しむことができたので、良しとします。

今後、ミャンマーにビザランに行かれる方は変更情報がないか、事前にビザランに行った人に直接聞くのが一番でしょう。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »